ブログ

本日、全国高校野球選手権栃木大会第11日目が終了し、4強が出揃いました。

文星が2年連続、宇短付が初の4強、佐野日大の7年振り4強と言うのは驚きました。

我が母校、作新の12年連続4強と言う数字も驚異的です。

昨日、福島県では13年連続甲子園出場中の聖光学院が敗退したニュースが流れました。

作新も10年連続甲子園出場を狙うプレッシャーは相当強いと思います。

どのチームもあと二つ勝てば夢の甲子園。悔いの残らない試合をして貰いたいですね。

 

 

先日、宇都宮市のカンセキスタジアムで行われた天皇杯三回戦、鹿島アントラーズvs栃木SCの一戦を観戦してきました。

昨年完成したばかりのカンセキスタジアムはとても綺麗で、陸上競技場の併設とは思えない程、観戦しやすかったです。

SNS上でも、鹿島サポーターの方から綺麗で見やすいとの投稿が多く、栃木県民としては嬉しく感じました。

前半は2階席で観戦をしましたが、座席の傾斜があるので、グランド全体が見渡せ見やすく感じました。

後半は日本サッカー協会後援会の無料チケットを利用し、熱狂的なサポーターが集まる鹿島のゴール裏の1階席へと移動しましたが、グランドピッチが近く感じ、より臨場感を味わえました。

初めてゴール裏で観戦しましたが、ハマりそうです!!

試合は鹿島アントラーズが3-0で勝利を収め4回戦へと駒を進めました。

いつもはアントラーズを応援する為、往復約4時間掛けて鹿嶋市まで観戦に行くのですが、この日は往復40分!かなり楽でした!

カンセキスタジアムかなりおススメです!!

来年行われる栃木国体も楽しみになって来ました!

 

本日、第103回全国高校野球選手権大会栃木大会が2年ぶりに開催されます。

昨年はコロナウイルスの影響で大会自体の開催が中止となりましたが、今年は無事に開催されそうで安心しました。

現在、当院にも数名の高校球児の患者様が来院中です。

来院中の患者様全員が高校3年生と言う事もあり、最後の夏の大会を応援に駆けたいところですが、試合が平日開催の為、応援に行けません。(涙)

休日開催の試合の日まで勝ち進んでくれる事を信じ、応援したいと思います。

また、今大会は入場制限(5000人)が掛けられる為、注目試合ではチケットの争奪戦が予想されます。

10大会連続で作新学院が甲子園出場を決めるのか、春を制した佐野日大が勢いそのままに駆け上がるのか、この二校以外の高校が勝つのか注目です。

 

移転先での診療も今日で無事に1カ月を迎えることが出来ました。

移転直後に関係者の皆様に綺麗なお祝いのお花を頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。

再開直後は不慣れな事もあり、ご来院頂きました患者様には大変ご迷惑をお掛け致しました。

今後は反省を生かし様々な改善を行い、患者様に快適にご来院して頂く為に日々精進してまいります。

 

ちょう整骨院

新年明けましておめでとうございます。

本年が地域の皆様や当院の関係者にとりまして、健やかで素晴らしい一年になることをご祈念申し上げます。

昨年は新型コロナウイルスの影響で平穏な日常を送ることが困難な状況でした。

未だ終息の見えぬこの状況が一日でも早く終焉を迎えることを願い、また平和な年であることを祈りつつ、

皆様が快適な生活を送れる様、引き続き精進して参ります。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

ちょう整骨院 院長

 

 

基礎工事が完了致しました。

家の土台となる部分!しっかり施行して頂きました。

寒暖差の激しい中、施行して頂き職人さん達には頭が上がりません。

感謝!感謝です!

 

先日、患者様から頂いた鮎を、始めて炭火焼きで頂きました。

やはりフライパンで焼くのとは比べものにならないくらい美味しく、身はふっくら、皮はパリパリ香ばしく最高の一品でした。

自宅のベランダで炭火焼きを行ったのですが、途中で『ニャー』と聞こえた為、ベランダの下を覗き込んだら、猫が鮎の匂いのつられ何処からかやってきました。

やはり猫は魚が大好物なんですねー!

先週末、鹿島アントラーズの内田篤人選手が14年半の現役生活にピリオドを打ちました。

サッカーファンのみならず、数多くのファンを魅了した内田選手の最後のプレーを目に焼き付けるべく、

日曜日に行われた引退試合(鹿島vsG大阪)を観に行って来ました。

コロナウイルスの影響により、最大5000人までの収容人数制限が掛けられ、最後の雄姿を見たくても見られなかったファンも多かったと思います。

試合前にピッチに姿を現した内田選手を間近で見られて最高でした。

試合は残念ながら勝つことは出来ませんでしたが、予定より長く出場し、

尚且つ敗北寸前のチームを救うプレーが見られスタジアムは大いに盛り上がりました。

もう内田選手のプレーは見られませんが、いつか鹿島アントラーズに戻って来てくれることを期待したいと思います。

内田選手14年半の現役生活お疲れさまでした!!

引退セレモニーの最後の言葉。『また会いましょう』は忘れません。

我々サポーターはいつまでも待っています!

 

本来であれば、今頃は東京オリンピックで日本中が盛り上がっていたはずでした・・・。

この新国立競技場も大勢の人が訪れ、トップアスリートのパフォーマンスに酔いしれ熱狂していたはずです。

今年の元日に行われ、サッカー天皇杯決勝の舞台となった新国立競技場・・・。

新競技場のこけら落としとなった元日に、新国立競技場に足を踏み入れられたことは最高の思い出になりました。

当時は半年後、ここでオリンピックが!っと楽しみにしていましたが・・・。

 

今は一刻も早く現在の状況が落ち着くことを祈ると共に、

来年7月23日に無事にオリンピックが開催できることを願うばかりです。

7月18日土曜日に栃木県高校野球が開幕します。

本来であれば、甲子園を目指す高校球児の最高の舞台となるはずの大会は、交流試合と名前が変わりベスト8までのトーナメント大会へと変更となりました。

このコロナ渦の中、開催するにあたって難しい状況が続きますが、最終学年の3年生部員には思いっきりプレーしてもらいたいと思います。

現在、当院にも数名の高校球児の患者さんが通院中ですが、全員2年生と言う事もあり今大会はベンチもしくはスタンドからの応援がメインになるとの事です。

下級生部員には今大会の3年生部員一つ一つのプレーを目に焼き付けてもらい、今後の秋季大会、更には来年の選手権大会に繋げてもらえればと思います。