ブログ

移転先での診療も今日で無事に1カ月を迎えることが出来ました。

移転直後に関係者の皆様に綺麗なお祝いのお花を頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。

再開直後は不慣れな事もあり、ご来院頂きました患者様には大変ご迷惑をお掛け致しました。

今後は反省を生かし様々な改善を行い、患者様に快適にご来院して頂く為に日々精進してまいります。

 

ちょう整骨院

新年明けましておめでとうございます。

本年が地域の皆様や当院の関係者にとりまして、健やかで素晴らしい一年になることをご祈念申し上げます。

昨年は新型コロナウイルスの影響で平穏な日常を送ることが困難な状況でした。

未だ終息の見えぬこの状況が一日でも早く終焉を迎えることを願い、また平和な年であることを祈りつつ、

皆様が快適な生活を送れる様、引き続き精進して参ります。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

ちょう整骨院 院長

 

 

基礎工事が完了致しました。

家の土台となる部分!しっかり施行して頂きました。

寒暖差の激しい中、施行して頂き職人さん達には頭が上がりません。

感謝!感謝です!

 

先日、患者様から頂いた鮎を、始めて炭火焼きで頂きました。

やはりフライパンで焼くのとは比べものにならないくらい美味しく、身はふっくら、皮はパリパリ香ばしく最高の一品でした。

自宅のベランダで炭火焼きを行ったのですが、途中で『ニャー』と聞こえた為、ベランダの下を覗き込んだら、猫が鮎の匂いのつられ何処からかやってきました。

やはり猫は魚が大好物なんですねー!

先週末、鹿島アントラーズの内田篤人選手が14年半の現役生活にピリオドを打ちました。

サッカーファンのみならず、数多くのファンを魅了した内田選手の最後のプレーを目に焼き付けるべく、

日曜日に行われた引退試合(鹿島vsG大阪)を観に行って来ました。

コロナウイルスの影響により、最大5000人までの収容人数制限が掛けられ、最後の雄姿を見たくても見られなかったファンも多かったと思います。

試合前にピッチに姿を現した内田選手を間近で見られて最高でした。

試合は残念ながら勝つことは出来ませんでしたが、予定より長く出場し、

尚且つ敗北寸前のチームを救うプレーが見られスタジアムは大いに盛り上がりました。

もう内田選手のプレーは見られませんが、いつか鹿島アントラーズに戻って来てくれることを期待したいと思います。

内田選手14年半の現役生活お疲れさまでした!!

引退セレモニーの最後の言葉。『また会いましょう』は忘れません。

我々サポーターはいつまでも待っています!

 

本来であれば、今頃は東京オリンピックで日本中が盛り上がっていたはずでした・・・。

この新国立競技場も大勢の人が訪れ、トップアスリートのパフォーマンスに酔いしれ熱狂していたはずです。

今年の元日に行われ、サッカー天皇杯決勝の舞台となった新国立競技場・・・。

新競技場のこけら落としとなった元日に、新国立競技場に足を踏み入れられたことは最高の思い出になりました。

当時は半年後、ここでオリンピックが!っと楽しみにしていましたが・・・。

 

今は一刻も早く現在の状況が落ち着くことを祈ると共に、

来年7月23日に無事にオリンピックが開催できることを願うばかりです。

7月18日土曜日に栃木県高校野球が開幕します。

本来であれば、甲子園を目指す高校球児の最高の舞台となるはずの大会は、交流試合と名前が変わりベスト8までのトーナメント大会へと変更となりました。

このコロナ渦の中、開催するにあたって難しい状況が続きますが、最終学年の3年生部員には思いっきりプレーしてもらいたいと思います。

現在、当院にも数名の高校球児の患者さんが通院中ですが、全員2年生と言う事もあり今大会はベンチもしくはスタンドからの応援がメインになるとの事です。

下級生部員には今大会の3年生部員一つ一つのプレーを目に焼き付けてもらい、今後の秋季大会、更には来年の選手権大会に繋げてもらえればと思います。

 

6月に入り学生の患者さんが大変多くなってきました。

学校再開後、部活動での怪我で来院する学生が多く、ほぼ毎日のように来院しております。

休校期間中に部活動も中止となった為、各自の自主練にて体を動かして来た学生も多いと思います。

しかし、自主練にて体を動かして来たつもりでも、部活動で行う強度の高い練習にはまだ体が慣れず、怪我に繋がっていると思われます。

再開後の部活動で思いっきり体を動かしたいと思うのは分かりますが、運動前後の体操、ストレッチ運動を怠らずにしっかりとした準備をしてから運動をして下さい。

今月、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、5月に開催予定だった栃木県高校総合体育大会(総体)の中止が決定しました。

この高校総体は陸上競技のインターハイ(全国大会)予選も兼ねている為、陸上部に所属する全部員が目標とする一番重要な大会になります。

受験勉強の兼ね合いで、この総体を最後に引退する3年生部員も多く、高校3年間の集大成と位置付ける部員が殆どだったと思います。

今回の大会中止を受け、戦わずに引退を余儀なくされた3年生部員の事を考えると不憫でなりません。

現在、当院へも数名の3年生が通院してくれています。

諦めずに練習に取り組む姿を観ていると何とか試合をさせてあげたいと思いますし、

日頃の練習の成果が発揮できずに日にちだけが過ぎ去るこの状況を、間近で接している者としては胸が張り裂けそうです。

私も陸上競技を10年間続けて来ましたが、もし自分がこの立場に置かれたらと思うと耐えられません。

今年も時間を作り、彼らの最後の雄姿を観に行くのを楽しみにしていただけに非常に残念です。

この状況が一刻も早く収束し、できる範囲内で全力を尽くせる場を作り、良い形で引退させてあげたい!そう願うばかりです。

 

 

新型コロナウイルスが世界で猛威を奮っております。

先日にはJリーグ、プロ野球が開幕延期を発表し、それに続き春の選抜高校野球も中止が発表されました。

涙ぐむ高校球児達の心情を考えると心が苦しくなります。

一刻も早くこの騒動が終息するよう願っていますが、新型ウイルスの鎮静化の先行きが全く見えない状況です。

皆様も不安を抱えながらの生活を送っていると思われます。

当院では、少しでも患者様に安心してご来院頂けますよう、万全のウイル対策を行っております。

新型ウイルスに有効とされるアルコール消毒による徹底した清掃と次亜塩素酸水を使い空間除菌も行っております。

次亜塩素酸水とは、空気中に漂うウイルスの活動を不活性化させる効果があるとされております。

当院では、その次亜塩素水を定期的に散布作業(椅子やベッドに散布)を行うと共に、

当院設備の加湿器に次亜塩素水を加え診療時間中、絶えず治療院内の空間除菌を行っております。

ウイルス対策には徹底しておりますので、安心してご来院下さい。